特売などで売られている牛肉を料理してみたら、硬かったという経験は皆さんにもあると思います。 ここではそうしたお得なお肉でも、柔らかく美味しく食べられる素敵な方法をお教えします。 すぐに使える情報なので、ぜひ実践してみてください!
肉の硬さの原因は筋繊維にあります。叩くことでこの筋繊維が柔らかくなり、調味料が浸透しやすくなります。 肉を叩く道具は、以下のような専門の器具もありますし、すり棒やビールなどで代用も出来ます。
全体の厚さが均一になるように、軽くリズミカルに叩きます。薄い部分があれば寄せ、厚い部分はさらに叩いて調整します。 全体を叩くときは、強く叩きすぎると繊維が壊れて、焼いているときに肉汁が流れ出してしまいますので、ご注意ください!
お肉をコーラに10分以上漬けておいて、焼く前にコーラを洗い流すだけで柔らかくなります。
パイナップルをすりつぶして作った果汁に肉を浸すだけで、短時間で柔かくすることが出来ます。 あまり長く漬け込み過ぎると肉がぼろぼろになるので要注意です。
すりおろした梨に、肉を15分ほど浸しておくことで、肉をやわらかくなります。 焼肉をつけだれで食べる場合は、焼肉のたれに梨のおろし汁をいれ、その中に肉を入れて半日ほど寝かしておきます。
密閉出来る袋にヨーグルトとお肉を入れてよく揉み、冷蔵庫で30分くらい寝かしておくと柔らかくなります。
キウイを角切りにして肉が隠れる程度の量に漬けて一晩冷蔵庫で寝かせると柔らかくなります。
タマネギをみじん切りにして、1時間ほど浸けておきます。焼き上げると柔らかくてジューシーなお肉になります。
ボールなどの容器に肉が完全に漬かる量の牛乳を入れて肉を2時間ほど漬け込みます。 調理する際に汁気を拭き取ってから調理すると柔らかく臭みのないお肉になります。
お肉を煮込むと最初は硬くなっていきますが、そこから2〜3時間程度さらに煮込むことで、また柔らかくなります。 しっかりお肉に味をしみ込ませたい場合は、30分ほど煮込んだら火を止め、ゆっくり冷まします。 冷めたら再び沸騰させるという流れを3回ほど繰り返します。温度が下がる時に味がしみ込む性質を利用する調理法です。
すき焼きでは、牛肉と白滝を近くに置くと硬くなるといわれます。 その理由は、白滝の凝固剤である水酸化カルシウムと肉のたんぱく質とが作用するとのことですが、良質のすき焼き用のお肉であれば問題ないといえます。 ただ、白滝のアクの臭みがお肉に移りやすいので、こまめにアク抜きをすれば美味しいすき焼きが楽しめます!