鳥取県が産んだ全国に広がったブランド牛の元祖「気高」号

鳥取県牛肉販売協議会は、鳥取県産牛肉の消費拡大とブランドの確立に努め、本県肉用牛の生産振興と生産農家の経営安定に資することを目的とする組織です。
(平成元年9月、前身の鳥取県牛肉流通販売対策委員会が発足)


協議会では、次の事業を行なっています。
1. 鳥取県産牛肉の販売促進に関する活動
2. 消費宣伝および販路の開拓
3. 地産地消の推進
4. 枝肉共励会の開催
5. その他必要事項


また、本協議会は、全国農業協同組合連合会鳥取県本部並びに、JA全農ミートフーズ㈱鳥取営業所が連帯して事務局を務めています。


「気高」号の血統を引き継いだ、鳥取県のリーディングブランド「鳥取和牛オレイン55」を筆頭に、生産者・販売者と県が一体となって全国の消費者へ満足度の高い鳥取県産牛をお届け出来るよう精進しております。


これからも安全で安心な鳥取県産牛肉をお楽しみいただくために、鳥取県牛肉販売協議会の活動に、皆様のご意見をお寄せいただければ幸いです。